kojiko
handmade sewing & lovely zakka
紅葉
先週末、京都へ紅葉狩りへ行ってきました。

近頃は子供達も何かと予定が入るようになって家族で出かけることがめっきり減ってしまいましたが、ムスメと一緒に京都まで出かけてきました。

有名な名所はどこも人で一杯なので、人混みを避けて洛西の方へ向かいました。

紅葉の季節に京都を訪れるのは初めて。紅葉真っ盛りでした。
20131123_10.jpg

真っ青な空に色とりどりの葉が映えます。
20131123_100.jpg

紅葉のグラデーションもとても綺麗。
20131123_75.jpg

20131123_81.jpg


晩秋の京都を散策して、のんびりと過ごした贅沢な休日でした。
ことりっぷ 滋賀
GW後半、1日だけ家族の休みが揃ったので少し足を延ばして滋賀へ行ってきました。


まず向かったのは信楽の山の中にある美術館、MIHO MUSEUM。

山に埋もれるようにこんな壮大な美術館があるなんてびっくり。
50メートルのトンネルを抜けて展示棟へ向かいます。
トンネルの先にはどんな別世界が待ち受けているんだろうと期待がふくらみます。


美術館のエントランス正面からは、信楽の大自然をバックにした開放感あふれる眺望がみられました。
天井の幾何学模様のガラスがとても綺麗。ルーブル美術館のガラスピラミッドも設計した建築家の建物らしく、建造物自体も見応えたっぷりでした。


お城マニアの息子を安土城で降ろし、
次に向かった先は琵琶湖畔にひっそりと佇む小さな北欧雑貨&カフェ「vokko」さん。


平屋の一軒家風の可愛い外観にときめきます。

雑貨は、北欧中心の品揃えで他にも洋服や文具、オリジナルのコーヒー豆などもおいてありました。
併設のカフェでは挽きたてコーヒーやオーナーさん手作りのケーキがいただけるそう。
奥にあるカフェの大きなガラス戸から外へ出るとすぐ目の前は琵琶湖です。
今回はカフェはいただかなかったのですが、以前から欲しかったイエローのリーフ柄のプレートを購入。
他にも欲しくなるようなヴィンテージ食器がたくさんありましたよ。

ダンナさんは隣の車屋さんに興味津々でしたが…。


安土城に息子を迎えに行った帰り道、ふと立ち寄ってみたカフェ「シャーレ水ヶ浜」。

ここは5年前に滋賀を訪れた時にきた思い出の場所。
テラス席から琵琶湖が一望できる絶好のロケーションです。


夕暮れ時の穏やかな琵琶湖を観ながら、ティータイム。

ここからの夕日も格別でした。


家族そろって久々の遠出ができて、とても楽しい日になりました。

芦屋川さんぽ
気持ちのいい季節になりました。
ゴールデンウィークは前半と後半、1日ずつお出かけ。

前半は、芦屋付近をブラブラしてきました。

阪急電車・芦屋川駅の川沿いを上って行くと静かな住宅街の中にある「flame」という照明のお店が今回の目的。
キッチンウェアなどセレクトされた暮らしまわりの雑貨の中に、オリジナルで作られた照明があります。
美しいフォルムの照明にうっとり。
引っ越し前に購入を迷ったペンダントライトや、mina perhonenとコラボレーションされた照明もありました。
大切な場所のとっておきの照明がこのお店では見つかると思います。


GW中に行われる岡山・児島の古道具屋『Womb brocante』さんの展示販売が今回来たかったもう一つの目的。
インダストリアル系の古道具が、所狭しと並んでいました。
もう欲しいものがたくさんあって目は泳ぎっぱなし(笑)
見た事もない古道具ばかりで、何周してもまったく飽きることがなく本当に楽しい時間でした。

購入した鉄製のスタンド、カゴなどは岡山の縫製工場で使われていたものだそうです。
手に取るもの全てオーナーさんが丁寧に説明してくれました。
オーナーさんの手によって再生された家具や小物たち、アイデア満載の古道具にすっかり魅了されました。
来て良かった!


芦屋川を下り、パン屋の[kaopan]さんに立ち寄って腹ごしらえしてから
「CHECK&STRIPE fabric&things」さんへ。
やっぱり1度は行ってみたかった。

白を基調に広くてゆったりした店内。

生活雑貨や、LIBERTYが豊富です。
神戸店を訪れた時に迷っていたリネン帆布とドットミニヨンの生地を購入。
帆布で久しぶりにバッグを作ろうと思います。


芦屋の次は西宮。

雑貨屋「manon」さん。
可愛い食器がいっぱい。北欧のピッチャーを買って帰りました。

緑溢れる5月の芦屋川。
はじめて訪れましたが、ブラブラ散歩するだけでとても贅沢な心地よい時間を過ごせました。


GW後半へつづく。




灯しびとの集い 
久しぶりの更新です。

忙しさにかまかけて、ミシンにもブログにもなかなか向かえず、
季節もすっかり変わってしまいました…。

晩秋とは言うもの、このところ小春日和が続き、まだまだ汗ばむ毎日です。
とにかく・・・元気に過ごしています。


この秋は恒例のススキ狩りにも行けず…お出かけ不足でモヤモヤしていた時に、
「全国から作家さんたちが集まった『灯しびとの集い』というクラフトフェアが10/29〜30に開催されるよ」と、友達が知らせてくれました。


場所は堺の大仙公園。子供たちが芝生で駆け回ってた時分、よく訪れた公園です。
公園に着いたのは午後3時をまわった頃。開催は4時までなのでなんとか駆け込みセーフでした。
立て看板をたよりに、人の流れと逆に進むと、大芝生とは別の敷地にテントがたくさん建ち並んでいました。



器、木工、漆、ガラス、染織・・・どこのブースもじっくり見たい作品ばかり。


中にはもう作品がほとんど置かれてない作家さんのブースもあり、早く来ればよかったと後悔しました。



ビビッと来た作品を、いくつかお持ち帰り。

愛知県の陶磁作家、松本美弥子さんの器。

茶色がかった深みのある黒い器は、光の角度よって模様が見えたりしてとても表情が豊か。
銀彩が施されて、シンプルだけどカッコイイ。


ざらっとした土の感じが暖かく、やさしい色合いの粉引の器。陶磁作家・佐藤崇さんの作品。

節目の線が気に入ってます。
粉引の器にお料理を盛るとおいしく見えませんか?そんな気がして少しづつ揃えています。



ふと見上げると、空はほんのりオレンジ色。
人もまばらになってきて、「1日終わった〜」感があふれる会場の雰囲気がとても心地よく感じました。
また、こんなたくさんの作品に触れる機会は初めてなので、すごく幸せなひとときでした。


来年もあるのかな・・・早起きして出掛けよう。
天空の城
砥峰高原のあとは「天空の城」の異名を持つ竹田城に向かいました。

もう石垣しか残っていませんが、山頂のまわりに築かれた姿がとても圧倒的です。
視界を遮る樹木が少ないので山上にある天守の上に立つと180度パノラマの景色が見渡せます。
まさに空に向かって立つような感覚。柵とか無いので足をすくませながら素晴らしい景色を眺めました。

このサイトの写真がキレイです。この季節の早朝に来ると、朝霧に浮かぶお城が見られるそうです。

城マニアの息子のために..と足を延ばしたこの城、高原のあとの山登りは大変だったけど、来てよかったと思える所でした。今まで行った城の中で一番感動的かも。


竹田城に向かう前に「但馬のやさい厨房 邑居(ゆうきょ)」さんでランチをいただきました。

古民家を改修したお店は、玄関に入るとよそのお宅にお邪魔するような感覚。
「おばあちゃんの田舎に帰ったみたいで落ち着く」・・・とダンナくん。
古い家具や骨董などがあり、お料理を待ってる間もちらちらと照明や古道具を見たり...飽きなかったです。

私が選んだのは、煮込みハンバーグのランチ。
たくさん添えられている新鮮な地元野菜は、目にも楽しく、食材にもこだわりが感じられます。
付け合せのピクルスも手作りのやさしい味。
煮込みハンバーグもやわらかくて美味しかったです。
山登りで腹ペコだった子ども達も、おいしさに満足そうでした。

ご主人と奥様なのかな?オーナーさんもお店の雰囲気もとても温かく、雰囲気一杯のお店でした。


ノルウェイの森
我が家恒例、秋のススキ狩りですが「もういいよね」と、
今年は行かないと決めていました。
でも、やっぱり後ろ髪を引かれる思いがして、秋の終わりの山に・・・。

それで先週の日曜日に向かったのが兵庫県の砥峰(とのみね)高原。

毎年見ている緑色の平原とは違って、褐色のススキが一面に広がった風景に思わず息を飲みます。


やっぱりススキの穂も少なくなっていたけど、所々にほんのり紅葉した木々がなんとも言えない雰囲気をかもし出します。


今まで見たススキの風景とは違う美しさ。
この景色の中にいつまでもたたずんでいたい感じです。


ここは、映画「ノルウェイの森」のロケが行なわれた場所らしく、高原のあちこちにロケシーンを示す立て看板があり、どんなふうに撮影されたか解説されていました。
映画公開後は人気が出る場所かもしれませんね。
今年の京さくら
前の日曜日…今年も京都の桜めぐりに出掛けてきました。

今年は東山周辺をお花見散策。
清水寺 → 三年坂 → 二年坂 → 高台寺 → 丸山公園 → 知恩院 とまわってきました。


桜の時期の清水寺は初めて。朝の9時過ぎだというのに、すでに人でいっぱい。
「清水の舞台」から桜を眼下に京都の町を見渡すのは気持ちよかったです。



満開の桜の中からカワイイ鳥の鳴き声が聞こえます…

見上げるとメジロが何羽か桜の花をつっついていました。蜜を吸っているのでしょうか?
思いがけない光景に、夢中でシャッターを切っていました♪


「高台寺」では庭園のシダレ桜の存在感に圧倒されました。
こころを奪われるように、しばらく足をとめて眺めていました。


今回良かったのはこの高台寺と三年坂を下りたところの桜かな。
目を閉じると、まだ景色がよみがえってきます。
宴会のお花見も楽しそうですが、たまにこうして子供達と話をしながら、ゆっくり桜見物するのが、とても幸せなひとときです。
やっぱり人は多いのですが、春の京都、行ってよかった。


「今年は桜の見ごろが長く続いています」って今朝のテレビで言ってたので、もう一回お花見できそうですね。

明治村
もう1週間も前の話ですが…
愛知県の犬山へ行ってきました。
翌日はちょうど黄砂が吹き荒れた日でしたが、この日は朝からポカポカした気持ちいい春の日和。
出掛けてよかったです。

目的地は「明治村」。ダンナくんが小学生の頃、一度だけ訪れたことがあって、印象深い記憶があるから子どもたちも連れて来たかったみたい。


私は明治村に来たのは初めてなのですが、明治時代の建物等を移築や復元して、当時の歴史や文化、街並みを再現している場所。博物館なのかテーマパークなのか微妙なところだけど、とにかくとても広い場所でした。
明治村
明治時代の西洋の文化を取り入れた建物って、まず外観に引きつけられるのですが、内装や家具がとっても素敵。
帰ってからカメラの画像を取り込むと、街並みの写真なんか撮ってなくて、室内の写真ばかり残っていました。

明治村
レトロなライトが今の私には、いちばん興味がある。
インテリアもレトロモダンな感じが味わい深くて、予想外に楽しい場所でした。


その後は城マニアの息子のために…犬山城へ。
最近、ほんと城ばっかり行ってるなぁ。
姫路 day trip
お昼ころ姫路に到着。
下調べしていたアンティーク雑貨の「Brocante Nonki」さんに向かいました。
Brocante Nonki
日本の古道具、ヨーロッパの輸入雑貨、オリジナル家具などのお店です。

素敵なランプシェードに惹かれましたが、アンティークのスツールと糸巻きを購入しました。
最近は買い物のたびにスツールを探してたのですが、はるばる姫路でいい物が見つかりました。


近くでランチを済ませたあと、今度は息子が行きたかった「姫路城」へ。
この1年くらい、彼の中では戦国時代あたりの歴史がブーム。親子一緒に出掛けたがらない年頃だけど、「城」って言うと喜んでついてきます。

改修工事が始まった姫路城は、春にはお城に入れなくなるみたい。そのせいか多くの人で、天守閣に上るのも一苦労。相変わらず好奇心旺盛な息子は、お城の隅々を熱心に見物してました。


お城の近くにある美術館。

レンガ色がキレイなので、思わず記念撮影。



姫路城のあと、もう1軒雑貨屋さんに寄ってもらいました。
bocagrande
「bocagrande」(ボカグランデ)さん。

bocagrande
2nd店もOPENしていたのでちょっと覗いて帰りました。
かわいい服がたくさん!3Fまでの階段途中のディスプレイもステキでした。


私も子供たちも満足のday trip。
久しぶりに心地よい疲れにつつまれた1日でした。
アルパカに会いに…
日曜日…久しぶりにちょっと遠出してきました。

しばらく寒い日が続いていましたが、この日は朝から雲ひとつ無い快晴。
寒い季節は家にこもりがちだけど、冬の青空はいつもより空気が澄んでいるような気がします。


まず、午前中向かった先は兵庫県にある「ヨーデルの森」。
でも「ヨーデルの森」ってどこなんだろう?目的地に近づくにつれ、周りの景色がだんだん白くなってきます。
前の晩に降った雪?雪道の準備がなくて少し不安になったけど、すんなり到着しました。

ヨーデルの森
雪の「ヨーデルの森」。こんな日の朝に着いたのは私たちだけみたい。
思わぬ雪景色に、子供たちだけでなく大人もテンションが上がります。
雪が積もることなんてない所に住んでいるから、一面の雪を目の前にするとなぜか高揚してしまいます。
すぐさま親子で雪合戦!


ここまで来た理由は、アルパカがいるからなんです。
アルパカが小ブーム中のムスメに、ダンナくんが見せたかったみたい。
アルパカ
実物のアルパカ。はじめて見ると絶対笑ってしまうと思います。カワイイというより、面白い。
なんだか人の顔みたい。見かけによらず結構動きが機敏で、人なつっこそう。
茶色と白の2頭のアルパカさんがいました。

ヤギ
他にもヤギや羊、犬にふれあえます。

雪が積もってなかったら、色んな動物たちのショーが見られたみたいだけど、私たちにはこの雪がいちばんのサプライズ。
雪の中を楽しそうに駆け回る動物たちと、同じように駆け回る子供たち。
思った以上にたのしい時間を過ごせました。

PROFILE
archives ← Click!